こんにちは!小山内愛です

 

とにかくわたしは、「自分らしい世界創り」という事にすごく拘っています。
それを、企業理念にもしていますし、
商品にもその思いを乗せて創っているのですが、そう思ったきっかけが、

 

「やりたいことが出来ない。」

 

という思い込みがすごく強い。という事を目の当たりにする機会が多かったから。
例えば、子供が小さいからーとか、旦那がいるからーとか、時間がないとか、資格がないから。
みたいに、出来ない理由はいくらでも出てくる。
そして、勝手にそれをできない理由にしているんです。

 

わたし自身もそうでした。
結婚して子供が出来たら、時間が無くなるし何もできないって思って、
その枠の中で生きる選択をしていた。

 

これ、じつは違うんですよね。
出来ることがあるんですよ。

 

今日はそこではなくて、その先の「もっと自分らしい人生。」という部分にコミットして書きたいな、と思います。

 

好きな仕事をしているという事がベターではなくて、
その先の「自分の人生をかけてやりたいこと。」みたいな、
何かに導かれるが如く
やり抜きたい世界というのがあって、そのゾーンに入ると、
初めて、

 

「楽しい!」

 

のその先を考えますよね。

というか、それに気付くんです。

 

楽しいだけだと、
なんだか自分よがりなのだけど、
人生をかけてやり抜きたい世界は、
もっと周りを巻き込んでいくような、
そういう力の中に、「使命感」が宿って、
本気で何かを創ろうとするんですよね。

 

この世界って、想像にない世界なんですよね。

 

そこまで貫けると、
もはや事業家という領域で、趣味ではなくてビジネスになる。
と感じてます。

 

わたしは、こんな経験をしたことがあります。

 

すきーーー!!
って、いう感度でガシガシ動いていた時に、
本気でビジネスをしている方と対面したのですが
鳥肌が立ったんです。

 

好きだけでは辿り着けない本気の世界が存在していて、
自分が甘っちょろく感じるんです。

 

めちゃくちゃ自分に対して恥ずかしくって、その場にいられなくなって、
自分の仕事に自信を無くした。

 

この話は、今日のセッションでも女性社長とシェアしたのですが、
自分の自信のあるビジネスの一部の領域を否定する感覚で、
やる気がなくなるんです。

 

自分が出来ることって、ちっぽけで、当たり前すぎるし。
良さが分からなくなるし。

 

クライシス化してどうすれば良いか分からなくなるんですよね。

 

その時に、好きとか出来ことをするだけのエッセンスではビジネスができない。
という原点に返る感じです。

 

どうしても「使命」が必要で、それをやり抜く「理由」が欲しくなるんです。

 

女性の起業って、「好き!」という感情で出来てしまうし、
それがある種のプライドになって成長を拒むんですね。

 

チャレンジもしない。

 

だからその先がないと、新しい出会いもないし世界も広がらないから
「自営の意味。」が分からないと厳しい。

 

そして、なんと
パートでもいいじゃん。みたいな感じに自分を下げてしまうんですよ。

 

この感覚は、ちょっと違う愛情を受け取る為に起こる現象にも近くて
チャレンジして進んでいく事は、受け取る愛情も大きくなるなー。
という事実があって。

 

女性って、女性性を持っていますから、
愛されることを学ぶ生き物なんだな。
という着地なんです。

 

起業って、そう考えると、深いなーって思うんです。
愛情を知りますし、使命も考えるし。

 

うちが掲げる理念は、女性の生き方として絶対に幸せになるよね。
というメッセージを込めてつけているのですが、
そういう世界がどんどん広がってほしいって思います。

 

 

 

 

*****************************************************

 

小山内愛のメルマガ
小山内の想いや最新情報など発信しています
https://resast.jp/subscribe/67058/1868302

 

フレグラントハート公式LINE
フレグラントハートの最新情報を発信しています
https://line.me/R/ti/p/%40fragrantheart