ネパールで作られた若返りのハーブ

 

こんにちは!小山内愛です

若返りのハーブは、わたしがネパールの出張の時に出会いました。
飲んですぐに、グワンってすぐに体に響くのが分かり、一気に疲れが取れてパワーがみなぎる感じがして。
本当に感動したんですね。
本当にすごいって、本物だって。
身体だけじゃなくて、メンタルまでが上がっていくハーブを見たことも体験したこともなかった。

ネパールすごい!アーユルヴェーダすごい!

って、感動して、すぐに取引を決めました。
というのは、ネパールでの調査で、アーユルヴェーダについて直庭得ていただく機会をいただいて。

アーユルヴェーダは「幸せ」という事んスポットを当てて教えを説いている世界最古の医学。
それを目の当たりにしたとき、全身に鳥肌がが立ったのを今でも覚えています。

本当に、奇跡の出会いだって今でも思っています。
本物のアーユルヴェーダを扱えるのだから。

 

 

 

◆アーユルヴェーダレシピで作った 若返りのハーブ

ネパールではエナジーupといわれているのが若返りのハーブです。全て、ヒマラヤ付近でとれる薬草ハーブを使って調合されたハーブサプリメントです。
オイルコーティングされていないハーブのみで作られたサプリメントなので、飲んだ瞬間から効果を感じることが出来ます、数日後には体の変化を感じる方多いです。
全てネパールで手作りされたサプリメントになります。
体感覚としましては、エネルギーが沸いてきて元気が出てくる感じがあります。
おなかの調子が整っていき、エネルギーの高い状態をキープできるようになります。
疲れやストレスにたいして強くなる感覚があることから、身体の内側からエネルギーが溢れてくる感覚です。
身体の中のいらないものを出していき細胞を活性化させて元気にしていきます。抗酸化作用により体そのものの力を高めることで、免疫力アップと共にマインドアップにも繋がります。
便通が良くなり食欲のバランスが整う方が多くいらっしゃいました。

ストレス社会において、健康になろうとする力(体の土台)を高めていく事はすごく重要になります。
食生活の乱れや生活の質も、環境によって変わる中で、ストレスも増えてきます。
そのような不安定な環境下で身体の健康力を上げていく事は、運動効果やリラクゼーション効果を高めていくことに繋がります。

 

▶おすすめの方

・疲れやすい
・体質改善がしたい
・痩せたい
・便秘がち
・エネルギーが欲しい
・男性性的な強い意志力が欲しい
・全体的に若返りたい
・決断力が欲しい
・代謝をアップさせたい

 

▶主な原材料

・ Argyreia speciose(大葉朝顔葉)   :抗炎症作用、抗潰瘍作用 等
・ Water of the Bamboo(竹酢液)   :便秘改善、血糖値低下、アトピー
・ Piper cubeba(ジャワペッパー)       :冷え性、疲れ、免疫アップ
・ Cubeba Officinalis(クベバ)   :喘息、気管支炎、鼻炎
・ Mucuna Pruriens(ハッショウマメ)    :抗うつ作用、リューマチ 等
・ Asparagus Resemosus(アスパラガス) :婦人病全般、抗ストレス、更年期障害 等
・ Asparagus adscendent(アスパラガス):肝臓・腎臓機能回復、高血圧予防
・ Curcalige Orchioldes(キンバイザサ) :腰痛、足痛 等
・ Zimgiber officinale rose(ネパール生姜) :冷え性、胃腸病
・ Piper nigrum(黒コショウ)          :脂肪燃焼作用
・ Pueraria tuberose(ネパール葛)     :女性ホルモン活性化 等
・ Dioscorea Bulbifera(ヤマノイモ)     :乾燥肌、肺疾患 等
・ Operanlina turpethum(ブドウの木) :血液浄化作用、肝臓病、疲れ
・ Sugarcane(サトウキビ)            :高血圧防止、脳の活性化
・ Glycirrhiza Glabra(リコリス)        :抗炎症、抗ウイルス、抗アレルギー